000.jpg

フレイル予防プラン

「コロナ禍で長らく外出を控えている。」

「リハビリや病院に行くのをやめた。」 「日々のニュースで気持ちが沈んでいく。」

​このままでは、どんどん生活の質が落ち、身体も心も悪い方向へ...

Lebenで『生活の質』を上げましょう。

フレイルとは?

最近「コロナフレイル」という言葉を耳にするようになりました。

加齢に伴い、心や身体の力が弱くなってしまう状態のことを『フレイル(虚弱)』と言います。

健康な状態から要介護の状態の中間と言われており、予防することが可能です。

介護が必要になる前に、早めの行動・早めの予防をしましょう。

Lebenでは「生活・医療・身体」

3方面からフレイル予防ができます

フレイル予防サークル.png
000.jpg
With You
暮らし
  • 毎日のお声がけ

  • 一日の過ごし方のご提案

  • 外出やその他見守り・同行

  • ​コンシェルジュとのコミュニケーション

  • ​提携している鍼灸・エステなどでリフレッシュ

医 療
  • 1階に『内科・脳外科クリニック』『心療内科・精神科クリニック』『調剤薬局』があります。往診も可能、健康面をサポートできます

<医療提携機関>

■医療法人風尚会やました医院(脳神経外科・頭痛外来)

■西長堀やましたクリニック(脳神経外科・内科)

■くぼメンタルクリニック(心療内科・精神科・児童精神科)

身 体
  • 提携先の自費リハビリステーションより訪問リハビリを受けられる

  • ​療法士との連携によりコンシェルジュが生活スタイルをご提案

  • ​マンツーマンのリハビリで身体能力を向上

やました医院理事長山下正人
フレイル予防で生涯現役を

後援

医療法人 風尚会 やました医院 理事長・医学博士

山下 正人

 「フレイル」とは「加齢により心身が老い衰えた状態」であり、早く介入して対策を行えば元の健常な状態に戻れます。高齢者のフレイルは、生活の質を落とすだけでなく、さまざまな病気も引き起こす危険があり、健康寿命を短くします。フレイルの予防は健康寿命の増進に繋がり、「生涯現役」を実現できます。

 WHOが提唱した「健康寿命」は「心身ともに自立し、健康的に生活できる期間」のことです。​人生100年時代に向けて「生涯現役」の意気込みで、できるだけ長く介護を受けず自立して健康に過ごしていきましょう。

■30日間 168,000円〜(家賃・光熱費・管理費込み)

 ※初期費用・保証人は不要・申込月に退去時清掃費が必要です。

■リハビリ料金 60分1回・8,750円〜

 ※料金はスケジュールやメニューによって異なることがあります。

私たちは細やかなことに気づけるように、

コミュニケーションを大切にしています。

生活のこと、身体のこと、困った事があれば

お気軽にご相談ください。

​元気になれるお手伝いをいたします。