• Leben Yamashita

我が「フレイルかも」体験


慌ただしくお正月も過ぎ、気がつけばもう11日。

実は私、昨年末に顔面と身体にヘルペス発症。早く薬を飲んだので順調に回復しました。


と、思いきや年末年始をどうもだいぶ無理をしたらしく、2日から絶不調。

胃も腸も完全ダウン。食べられなくなると、身体もだるいしお風呂も入りたくない!

日常動作ってエネルギーいるんだ、と気付きました。

若い時と違って一旦調子を崩すと回復が遅い!


結局お粥だけで5日ほど過ごし、ただただ家の中だけを移動。

え?これってこのまま行けばフレイルになっちゃう?

このままではひょっとして社会復帰できない?

大袈裟かも知れませんが、そんな不安に襲われ、片足で立ってみたりテレビ体操してみたり...。


そんなふうに弱っている私に、夫は(私の主治医でもある)

「7日だけど七草粥は〜?」「おぜんざいは〜?」と言ってくるのです。

まあ毎年の行事だし、縁起ものだし頑張って作るかと奮い立たせて作ることに。


すると食欲が戻ってきたのです。


夫は『日常動作を取り戻すのが回復への道だから』言ってみたそうです。

(ほんとは食べたかっただけじゃない?)と思いつつも、感謝しています。


病気や体力気力低下は突然やってきます。

治療後復帰できない方は結構いらっしゃると思います。

自費リハビリを受けたり、コンシェルジュに手伝ってもらいながら日常動作を取り戻す。

その色々なきっかけをLebenが提案できれば良いなと思っています。





閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示