top of page
  • Leben staff T

老人ホームや介護施設の違い。Lebenは…?


一括りに「介護施設」と言っても、実にいろんな種類があリます。

知ってるようで案外いざ自身や家族が入居を意識した時、探す時になって初めて

「老人ホームってどうなってるの?どこでも入れるわけじゃないの?」となることが多々あります。

大きく分けると「公的施設」と「民間施設」があり、その中でも介護度や入居できる期間によって細分化されています。


比較的介護度が軽い段階からでもすぐに入居しやすいのは「サービス付き高齢者住宅」略して「サ高住」と呼ばれる施設で、サービスもさまざま、超豪華なホテルのようなものからシンプルなアパートのようなものまで色々とありますね。


ではLebenは何かと言いますと、Lebenは介護施設ではありません。

「サ高住かな?」と思われることもあるのですがそうでもありません。

「アシスティッド・リビング」というアメリカなどの高齢者向けのケア付き住宅にも似ています。


個々のお部屋でできる限り自立した生活をキープしていただき、できない事、不安なことはコンシェルジュがお手伝いをするというかたちで、心身ともに元気で過ごしていただくことを大事にしております。


一階に脳神経外科・内科、精神科・心療内科、透析病院、そして近くにクリニックモールがあり、持病があったり移動が大変な方でも安心です。

その際にはコンシェルジュが病院に付き添ったり、ご家族と連絡を取ったりも承っております。


コンシェルジュは介護職経験者で資格も所持しておりますのでご安心ください。入浴の際の見守りや買い物の付き添い、お散歩など心強い味方になります。

また、介護保険を使える方は外部の訪問介護サービスやデイサービスもご利用いただけます。提携先は限定しておりませんのでこちらも自由に選んでいただけます。

お食事も決まった献立の提供はなく、キッチンでの自炊、宅配のお弁当、すぐ近くのスーパーでの買い出し、ウーバーイーツ、などご自身の好みによって選んでいただけます。


当ビル上階には自費のリハビリスタジオがございます。脳神経に特化したセラピストたちがレベルの高いリハビリを提供します。

Lebenにはマンションとしての賃貸の他にホテルでのご利用も可能ですので、短期間滞在して集中的にリハビリすることも可能です。

また、再生医療専門の医院とも連携がございますのでご相談ください。


レクリエーションや、皆さん揃ってのお食事はありません。その分コンシェルジュが丁寧にお話をしたりコミュニケーションを取りながらご様子を伺います。

もちろん可能な方はお買い物やお食事になどに出かけていただけます。コンシェルジュが同行することも可能です。


このようなLebenの形式にはまだ決まった名称がないので「コンシェルジュ付滞在型マンションLeben」と銘打っております。


私たちコンシェルジュは入居者の方と接する際「介護する側・介護される側」の感覚ではなく、尊厳を大切に、個々に寄り添った心地良いサービスを提供するよう心がけております。

「親はまだまだ一人でも大丈夫とは言っているが、家族と離れて住んでいるため心配だ」

「一人では不安なことも多く、お手伝いして欲しいことがある」

「プライベートを大事にしたい」そんな方はぜひ一度遊びにお越しください。お待ちしております。




閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page