• Leben staff O

母と嵐

誰もが知ってる「嵐」、気候変動によって起こる「嵐」ではなく

2020年末に活動休止をしたジャニーズの「嵐」にまつわるお話です。


私の母は90歳で今も一人暮らしをしています。

今のところ、日々のルーティンをしっかり守りながら週二回の介護サービス、毎夕食の宅食サービスを利用しながら生活しています。

 

以前は母と車で出掛けますと、駐車した場所を忘れて焦っている私に、冷たく「3階のDゾーンの右側列」とか、「駐車券持ったの?」と指摘され、慌てて車に取りに走ったり、と私より母の方がしっかりしている始末。

数独が大好きで「よーいドン」で始めても勝てない時も。

しかし、これは昨年までのこと。


そんな母が70代後半のころからハマったのが「嵐」。

中でも“推し”は「松潤」こと松本潤君です。彼が出演している番組は「万難を排して」と言っても過言ではないくらい観ていて、見終わった後は色々批評したりして楽しんでいました。


「嵐」が完全活動休止したのが昨年末。

テレビで観れなくなって楽しみが減ったと愚痴をこぼしていましたが、まもなく緊急事態宣言が出てデイサービスもしばらくお休み。

コロナ禍で外出も控え、車での外出さえ10分走っただけでも「遠い遠い」とこぼし早く帰りたいとせがまれるように。ご近所付き合いもほとんどなくなってしまいました。


日々のルーティンは守りつつも刺激のない生活を続けていると、無表情であまり笑わなくなり、次第に眠れないと訴えてきたので処方薬に頼るようになりました。

「嵐」「松潤」の言葉も彼女から聞かなくなりました。


今から思うと母はフレイル状態になっていたのです。


実家に泊まって一緒に過ごす時間も増やしていましたが、いよいよしっかり関わらないといけないかと思っていた矢先、2023年大河ドラマの主演が「松潤」に決定!

そしてライブ映画の上映決定!

これらのニュースは母の耳にも届き、なんと彼女の口から「ライブ映画が観たい!」と。

一瞬、耳を疑いました。

映画館内の環境やトイレ事情など説明したのですが、彼女の意思は固く...、

ついに先日「松潤」に会ってきました。

本当に目をキラキラさせて鑑賞、終わって開口一番


「これで冥途のお土産が出来たわ!」


まだもう少し、お土産が増やせそうです(笑)


フレイルから抜け出すきっかけは、どこにあるのか、なかなかわかりません。

施設にいると外出、面会等に制限がありますが、ここLebenでは外出や面会も自由です。

程よい都会感を味わえてスーパー、コンビニ、公園もすぐ近く。

フレイルから抜け出すきっかけを見つけやすい環境です。


コンシェルジュが毎日お声かけをして体調面、家事、その他ご相談にもサポートいたします。

新しい形の滞在型マンスリーマンションです。


そして、来年1月15日より一泊からでもご利用頂けるようになりました。


一度是非ご利用いただけたらLebenの良さをお分かりいただけると思います。

お待ちしております!





閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示