• Leben staff H

Lebenのコンシェルジュサポートって?

Lebenの特徴は、「医療連携ができること」「本格的な自費リハビリが同じ建物内にあること」そして「コンシェルジュの生活サポート」です。


本日は、コンシェルジュの生活サポートってどういう人がしているのか?

何をしてくれるのか?どこまでしてくれるのか?

少しだけお話します。


コンシェルジュは全員女性。

介護士資格を持っているコンシェルジュもいます。

みんな世話好きで、かなりのお人好しばかり。

悩みごとを相談されると、全力で解決しようとします。

おばちゃん気質なコンシェルジュ達です。笑


サポート自体は日中対応が基本ですが、夜間も担当のものが常駐しており、

何かあったらすぐに対応することができます。


コンシェルジュのサポートはまず、朝のお声がけから始まります。

体調確認やその日のスケジュール確認をして、どういう1日にするかを決めます。

もし何らかの予定があれば、その出発時間に連絡をしたり、

お話をしていて例えば冷蔵庫の中が少なそうだな、と気付けば買物に行くことを勧めたりします。

家事や外出で何かサポートして欲しいことがあ理想でしたら、時間を決めて伺うようにします。


医療連携の面では、

もし体調が悪そうな時には、すぐに1階のクリニックを予約します。

又、毎日ご自分で血圧測定をされている方には、毎日しっかり記録できていることを確認します。

食べ物に気をつけないといけない方には、宅食メニューの再考や、毎日の食生活について詳しくお話を聞くようにしています。

もし体調が悪くなったら、見ていてくれる人がいると安心ですよね。


食事に関しては、「今日はこれが食べたい!」という時には「今日は宅食をやめて、そちらにしましょう」と提案できることがLebenのポイントです。

毎日決められた食事を提供されるのではなく、ご自身から「これがいい」「これにしよう」という欲が出れば、自立心に繋がりますよね。


Lebenのコンシェルジュの生活サポートは、自立した生活を整え、家に帰ってからの負担を減らすことが目的です。

「サービス」ではなく「サポート」という意識です。


ですので、「外出付き添い」や「見守り」などの他にはないサポートがございます。

「外出付き添い」は買物や散歩など、外出の練習のサポート。

「見守り」は家事(洗濯や掃除など)を手伝うのではなく、見守るサポート。

すべて自宅での生活への練習となります。


そのほか、柔軟に個人に沿って対応いたしますので、なんでもコンシェルジュにご相談ください。

しっかり個人の意見を尊重し、なるべく最善を尽くせるよう努力いたします。


「介護保険のいらないステイ」としてぜひご利用ください。




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示