• Leben staff H

「病院は行きたくない…なぜ?」

体調が悪いとき。

身体のどこかが痛いとき。

ずー-っと我慢していて、生活に支障も出ているのに、

「病院は嫌!行きたくない!」と言う。

こんな体験、多かれ少なかれ体験したことあると思います。

何が原因なのかと思い、考えてみました。

「恐れ」病気が判明する、手術と言われるのが怖い。生活が変わるのが怖い。

「過信」自分は大丈夫だと過信している。

「面倒くさい」ただ病院に行く手間暇が面倒くさい。

「迷惑かけたくない」病院に付き添ってもらったり、仕事を休むのに迷惑をかけたくない。

あー、わかるわかる。

こういう気持ちになったことあります。

周りからすると早く病院行って!心配してるんだよ!

とヤキモキすることが多いですが、本人は先延ばしにしようと躍起になることも。


病気が判明することが怖いのって、とてもよく分かります。

今なんて熱が出ていたら、もしかしてコロナ!?と不安でいっぱいになりますよね。

それに、もし今すぐ入院してくださいと言われると、

一気に自分の生活が奪われるような、不自由な感覚になってしまいますよね。

それはめちゃめちゃ嫌です。本当に。


しかし「早期発見、早期回復」という言葉があるように、

これからの自分の生活を守るためにも、えいっ!と勇気をもって病院に行くだけで、

気持ちも楽になるし、周りも心配が減る。なんてハッピー。

もちろん、ハッピーなんて言っていられない場合もありますが。

なんにせよ周りが行った方がいいよ、というくらいの症状ならば、

早く行ってしまえばいいと思います。

あの手この手でどうやって連れて行くのか、はお任せしますが。(笑)

「嫌」と言うのは簡単ですが、それ以上に、何かあったら「嫌」なのです。

周りの、特に気にかけてくれている人は。


大事な人や物事を守るために、怖くても億劫でも何でも、できる事はして欲しいと思います。

健康ってとても大事です。

後悔のないように生きていけたらいいなと思います。



マンスリーマンション&ホテルのLebenは大阪市西区にあります。

アクセスが良く、大阪都心の大きな病院への通院にも便利です。

またコンシェルジュが身の回りのお手伝い、外出付き添い、通院同行も可能!


1階クリニックとの連携で、更に安心です。

病院に行く手間も少なく、行くキッカケも掴みやすいですよ。

新しい選択肢にLebenを。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示